先祖の祭祀と家を継ぐこと

66日の「山田雅晴のコラム」で、

「親や先祖の墓を守ることについて」の記事を書いています。

近年、少子化・核家族化・晩婚・非婚など、日本社会が大きく様変わりしています。

家を継ぐことや先祖の祭祀が難しい時代になってきました。

 

私の田舎でも帰省のたびに、

墓じまいされた墓所や更地になった宅地跡を多く目にするようになりました。

「限界集落」という言葉が現実味を帯びて感じます。

 

私自身が3姉妹で全員嫁いでおり、実家を継ぐ者はいません。

父は長男なのでうちが本家になります。

 

そして、姉妹の中で男の子が2人いるのは私だけです。

そのため、私の両親は以前、次男に実家の姓を継いでほしいという願いがありました。

私もその期待のプレッシャーを感じていて、どうしたものかと思っていました。

 

それで、もう20年ほど前ですが、

山田が特別セッションを始めた初期の頃、

私の実家の承継について神さまに伺ってもらったことがあります。

 

当時はFさんという女性が山田とペアになって、特別セッションを行っていました。

Fさんが神主(神霊が降りる)、山田が審神者(サニワ)という役割でした。

 

Fさんに降りたのは山田の産土の守護仏さまでした。

 

《養子に出す必要はない。

子どもを決して離してはいけない。

自分たちのもとで大事に育てなさい》

と、子どもを抱き慈しむようなジェスチャーで伝えました。

 

それで、実家の姓を継がせることはやめました。

両親に電話で断りを入れたら、がっかりしていましたが、あきらめてもらいました。

 

神仏レベルでは、家や姓を継ぐことはあまり重要視していないようです。

家を守るとか墓を守るというのは、人間界や霊人界の問題なのでしょう。

 

また、先祖供養が「浮かばれていない先祖がいる」ことに焦点が合っていると、

供養をしないとばちがあたるとか、子孫に悪影響があると思いがちです。

中には日々の供養や供えものを怠らないことに縛られて、

生活が不自由になっている人もいます。

 

先祖は供養するものでなくて「感謝」するものであり、

子孫として先祖が誇れるような生き方をすること、

徳を積むことが、先祖への最大の恩返しだということです。

 

私の直霊の大神さまである

「ベガ星の天日狭霧国日狭霧神(あめひさぎりくにひさぎりのかみ)さま」から、

次のようなメッセージをいただきました(一部抜粋)

 

《あなたの今世の働きは直霊の大神の誇りであり、感謝しています。

一族先祖もよろこんでいます》

 

身に余るお言葉で、とても、とてもうれしかったです。

 

家やお墓をどうするかは家族でよく話し合い、

地域の実情や慣習に応じて、できる範囲で、できるところまで行えばよいということです。

養子をもらったり、婿に入ってもらったり、母方の姓を継ぐなどは、

個々の家庭の事情によりますので、

一概にこうしたほうがいいとはいえません。

(うちの場合はそうしないほうがいいということでした)

数百年続く名家と一般家庭では、家の存続の重要度は違うでしょう。

 

本来は家族だけでなく、一族で協力して面倒をみれるとよいのでしょう。

自分の直系は絶えても、一族全体では次の世代につないでいけます。

 

山田の話を紹介します。

「ご先祖さまがおられるので、私たち子孫はこの世に存在できます。

残念ながら、浮かばれていない(不成仏霊や、霊界で苦しい境遇にいる)ご先祖さまがいるのも事実です。

その原因の多くは、その先祖が現世で悪しきカルマを積んだからです。

ですから、子孫がご先祖さまの現世でのカルマまで背負う必要はありません。

 

前世・一族・先祖のカルマのお詫びを、

子孫である私たちが先達(せんだつ)となり、

霊界にいるご先祖さまに自らのカルマをお詫びしていただくことです。

 

ご無礼をした神仏や、戦乱などでひどい目にあわせたり迷惑をかけたミタマたちに、お詫びをすることです。

 

子孫ができることは、感謝の気持ちをもって、

ご先祖さまに自分たちのカルマをお詫びするための媒体になることです。

自分のカルマは自分で昇華するのが、天地の法則の基本です。

 

さらに、一族的なトラウマやコンプレックスを癒すために、自分が先達となって、

一族・先祖のネガティブな認知・想い・誓願を解除する誓いをするとよいでしょう。

 

六道にいますわがすべての一族、30代・10億人以上のすべてのご先祖さまといっしょに、

自分や一族・先祖のネガティブな認知・想い、誓願を解除します。

 

これらを行うことで、一族・先祖のミタマたちの霊層があがり、

霊界自分の守護先祖霊団も増え、家運もあがり、自分の運も良くなってきます

 

※前世・一族・先祖のカルマのお詫びは

CD『自分でできる前世先祖のカルマの昇華法』を、

一族・先祖のネガティブな認知・想い・誓願を解除する誓いは、

CD『意識と無意識の調和 シャドーの浄化法』を活用してください。

 

💿新しい講演CDを発売します! 

皆さまのご注文をお待ちしております!

新CD「古神道の最大秘儀・不二と鳴門の仕組みと鳳凰の降臨」3300

復活CD「進化発展の法則を活用した開運・成功術」3300 

新CDと復活CDを発売します!
新CDと復活CDを発売します!