大洗・海に癒される旅(後編)

大洗磯前神社本殿・一間社流造茅葺
大洗磯前神社本殿・一間社流造茅葺

翌日、大洗磯前神社に行く前に、途中にある大洗水族館に行きました。

山田が、「水族館には行った記憶がないなあ」と言うので、じゃあ行こうとなったのですが、本当は昔、家族旅行で2回は行っています。(一一)

 

まるで海の中にいるかのような大きな水槽の魚の群れが大迫力で、見ごたえがあります。

大きなマンボウが人気のようです。

海育ちなので、水族館の魚を見るときは、「この魚はうまいかな?」という視点で見てしまう自分がいます。マンボウも食べたなあとか…(笑)

 

くらげをはじめ多種多様な海の生物を見ていると、地球の生物の多様さ、大自然の豊かさ、

そして地球はいのちにあふれていることを感じずにいられません。

 

神さまのメッセージです。

《海の動物がこれだけ多種多様であるように、神仏も多種多様であることが当たり前のことです。

昔は多神教が普通だったのに、人類が一神教を拝むようになったら、宗教戦争が増えてしまいました。

一つの価値観にしようとすると、必ずアンチが出てきて、争いが起きるものです。

人間の多種多様性を尊重することは、寛容性につながります。

同じように、多種多様な神仏を拝むことは相手の神や仏を認めることであり、認め合うことが人類の平和にもつながることです》

イルカ・アシカショーを楽しんでから、水族館をあとにしました。

 

次に、大洗磯前神社に行きました。

車で走っていると、まず大きな石の鳥居が見えてきます(一の鳥居)

そして、海に向かって道路わきに二の鳥居が立ち、拝殿へ続く長い石段があります。

石段を上るのはなかなかきつそうですが、駐車場は上にあるので拝殿まではらくに行けます。

 

大洗磯前神社は近年、海岸の岩場に立つ「神磯の鳥居」でブレイクしました。

神磯の鳥居のある海岸に、オオナムチノ命が降臨したとされます。

アニメの聖地としても人気があるようで、参拝者は途切れることなく多かったです。

 

社殿は永禄年間の兵乱によって焼失しましたが、水戸藩2代藩主徳川光圀公が再興させたそうです。

光圀公は水戸黄門でおなじみですが、いろいろな方面で徳を積んだのですね。

大洗磯前神社の主祭神はオオナムチノ命(大国主命)で、境内の摂社末社に多くの神々がお祭りされています。

もちろんペアであるスクナヒコナノ命さまもおられます。

 

拝殿で参拝して、左手から境内後方へ回ってみました。

本殿が重厚なかやぶき屋根で、流れるようなめずらしい形です。

山田がこの本殿をとても気に入っていました。

 

以前来たときは、そこまで観る余裕がなかったのか、印象に残らなかったようです。

その時の心境によって、観えてくるものが変わりますね。

山田によると、「以前、参拝していた時よりもご開運されて、ご社殿もきれいになっている」ということでした。

 

拝殿入り口の随神門の脇に「エビス・ダイコク」さまの1対の木像があり、「たくさん撫でて大福をいただいてください」と書いてあります。

きっと多くの参拝客がなでているのでしょう。

私はご神像なので、じかになでるのはご遠慮しました。

 

というのは以前、目黒不動尊で、水かけ不動に水をかけたら、後で山田から「水をかけないでくれとお不動さまに言われたので、自分はかけなかった」とか言われて、「早く言ってよ」ともめたことがあったので、学習しています(笑)。

 

「しばられ地蔵」とかありますが、ご神像や仏像に直接の願掛け行為をするのは、やられる方の神さまや仏さまはたいへんだと思います。

それで弱ってしまう神仏もいらっしゃるので、ご遠慮したほうがよいとのことです。

 

大洗磯前神社のエビス・ダイコクは、エビスさまがスクナヒコナノ命、ダイコクさまがオオナムチノ命ということです。

エビスさまは秘録73号にもありますが、「ヒルコノ大神」であったり、「コトシロヌシノ大神」であったり、このようにスクナヒコノ大神であることもあります。

 

スクナヒコナノ大神は医薬の神、万民の難病を癒す神として信仰されています。

ちなみに、東京の神田神社にお祭りされているスクナヒコナノ命さまはこの大洗磯前神社から勧請されたものなのです。

山田は神田神社が鎮守神社なので、少彦名大神さまに日頃のご守護の御礼を申し上げたそうです。

 

最後に、神磯の鳥居を遥拝して、帰路につきました。

大洗の海はさえぎるものがない大海原が広がっていて、「あの水平線のむこうから神さまがやってきたのだな」と感じさせます。

 久しぶりに大海原をみて、潮の香りに癒された旅となりました。

東京・神田神社のスクナヒコナノ大神さま
東京・神田神社のスクナヒコナノ大神さま