大洗・海に癒される旅(前編)

4月のある日、久しぶりに1泊で茨城に旅行しました。

コロナの自粛で2年以上、宿泊を伴う旅行をしていなかったのですが、

気分転換もかねて、連休で人が増える前に思い切ってでかけることにしました。

 

旅行の時は必ず、2人の吉方を観て行き先を決めます。

今回は東北が吉方だったので、今まで行ったことのない茨城方面にしました。

目的地は大洗磯前神社と酒列磯前神社です。

山田はかなり以前に大洗磯前神社には神業で行っていますが、私はまだ参拝したことがありませんでした。

 

旅行のプランは私が考えて、宿やコースを選定します。

温泉は必須ですが、茨城はあまり温泉が多くありません。

探していたら、酒列磯前神社のとなりのホテルに天然温泉がありました。

ここに決めようと思って相談したら、山田が「酒列磯前神社は無理に行かなくてもいいよ」と言います。

 

不審に思って理由を聞くと、昔の大洗神業の時、

神さまから《酒列磯前神社には無理に行かなくてもよい》と言われて、行かなかったらしいです。

(その理由については、神道業界の事情にくわしい山田には察しがついているようでした)

それで、大洗磯前神社の近くの大洗の浜で神業(3万体の光の大龍神)をし、大洗磯前神社に光の神柱を立てたそうです。

 

「でも、それは昔のことで、今は大丈夫なのでは?」と言っていたのですが、

本人が乗り気でないならコースから外すかな、と残念に思っていました。

 

すると、「やっぱり行こうか。酒列磯前神社の神さまから、《参拝に来てほしい》と言われた」と、急に態度を変えました(笑)。

大洗・海の神業を行ったのは2000年11(『秘録』10)ですから、20年前のことです。

この間にさまざまな神業や原則界業を行って、全国の神社のご開運が進みました。

そのご開運の効果があったようです。

 

旅行の1日目、お天気も良く、まずはひたち海浜公園に行きました。

ちょうど有名な青いネモフィラが満開になっていました。

ひたち海浜公園は敷地が広大なので、レンタサイクルを利用したのですが、迷子になりそうなほど広く、自転車をこぎ疲れました。(-_-;)

ネモフィラの丘までの道のりが遠かったです。(道に迷って…)

ネモフィラの丘を観て、登って、満足して酒列磯前神社に行きました。

 

海浜公園から海岸線へ下っていく途中、太平洋が眼前に広がってくるのですが、まるで水平線が空に浮かんでいるように見えました。

「太平洋」を感じる茨城の海は、千葉の海とも伊豆の海とも、海の顔が違いますね。

大海原ザッパーン!という感じです(笑)。

 

酒列磯前神社は海から小高くなった丘の上にあり、とても雰囲気のあるパワースポットでした

境内の入り口から続く300メートルの参道は、ヤブツバキなどの樹木がトンネル状に連なっていて、

「となりのトトロ」に出てくる木のトンネルを思い起こさせます。

この参道は水戸光圀公が整備させたものだそうです。

 

由来では、「平安時代の865年、大洗の海岸にご祭神オオナモチノ命・スクナヒコナノ命が御降臨になり、塩焼きの一人に神がかりして、『私は大名持、少彦名命である。日本の国を造り終えてから東の海に去ったが、いま再び民衆を救うために帰ってきた』と託宣したとされます。

そして、酒列磯前神社と同時期に大洗磯前神社が創建されます。
少彦名命が酒列磯前神社の主祭神に、大名持命は大洗磯前神社の主祭神としてお祀りされます。
この由緒から、酒列磯前神社と大洗磯前神社は二社で一つの「兄弟神社」と称されています。

 

社殿は渋く、歴史を感じさせる雰囲気ですが、スッキリしてパワーを感じます。

平日なので参拝者は少なく、ゆっくり参拝できました。

山田が「神さまは元気だね」と言います。

やはり、だいぶご開運が進んで、問題はなくなっていたようです。

山田によると、「以前、大洗磯前神社に光の神柱を立てたので、兄弟神社の酒列磯前神社にも光がいって、ご開運されていた」ということでした。

境内に「金運の亀」というのがあって、近年では宝くじが当たるということで人気が出ているようです。

参拝後、すぐとなりにある温泉ホテルにその日は宿泊しました。

2日目は(後編)で。

 

〔追記〕今朝(55日立夏の早朝)、私は愛犬ソフィーが帰ってきた夢を見ました。

その夢の話を山田にして、山田が神さまにうかがったら、「帰ってきた」ということです。

夢で、あいさつにきたようです。この話は後日くわしくお伝えします(*^^*) 

酒列磯前神社拝殿(ひたちなか市磯崎町)
酒列磯前神社拝殿(ひたちなか市磯崎町)