神犬ソフィーの帰還1

5月5日の明け方、4時過ぎに目が覚めたものの起きるには早すぎるので、

スマホのニュースを見ているうちに、うとうとまどろんできました。

 

ふと、足の上(ふとんの上)に何かが乗った重みを感じました。

(この重みは? ソフィー?)

ふとんの上を横切り、左手から私の枕元に来て、顔の左側にピタッと寄り添いました。

ふわふわとした、やわらかい毛ざわりを頬にはっきりと感じました。

(お父さん、ソフィーが帰ってきたよ……!)

私は声にならない声で叫んでいるうちに、目が覚めました。

 

朝食の時、山田にその夢の話をしました。

「ほんとうに帰ってきたと思う? これが、ソフィーが言っていた“しるし”なのかな?」

山田がその場で神さまにうかがってみると、「帰って来た!」ということです。

帰ってきた“あいさつ”だったようです。

 

私が寝ている部屋は、自宅の神棚のすぐ裏側になります。

私の感覚では、寝ている右手の壁の上のほうから来た感じがしたので、

神棚の上空から通路を通って来たのではと思いました。

(ちなみに、事務所から移した帝柱に通じる掛け軸の祭壇は別室にあります)

 

55日は二十四節気の「立夏」です。

ちょうど季節の変わり目であり、エネルギーが動きやすいので、この日に来たようです。

そろそろ半年になる頃だから、何かあるかなとは思っていました。

 

半年ほどで神犬修行を終えて帰ってくるということ、

そして、帰ってきたときはその“しるし”を見せるという約束を

ソフィーははたしてくれたわけです(1128日のブログ)。偉いです(T_T)

 

私も、(自信はなかったのですが…)そのしるしをキャッチできたようで、自分でも驚きです( ̄▽ ̄)

 

さて、帰ってきたといっても、それがどのような状態であるのか、いまひとつわかりません。

まさか、“座敷わらし”のように家の中にいるわけではないだろうし…(^^;

 

そのあたりのいろいろな疑問をまとめて、あらためて山田にサニワしてもらうことになりました。

 サニワの内容は後日、まとめてからお伝えします。

 

今日5月11日で、亡くなってからちょうど半年になります。

亡くなった時、このような展開はまったく考えてもいなかったのですが、

この日にソフィーの新たな出発をご報告できることをうれしく思います。

大洗磯前神社・神磯の鳥居
大洗磯前神社・神磯の鳥居