神伺いエピソード〔その7〕

神伺い特別神事は、「家族の産土の大神さまのご神名」を主に伺うステップ2のご案内を進めています。

ステップ2では、自分の産土の守護曼荼羅と家族の産土の大神さまとの神縁、家族的傾向なども観て、解説を加えています。

受講された方から、いろいろな感想をいただいていますが、

「家族との関係がわかって、なるほどと納得でき、感激しました」という声が多いのです。

ある方は、「家族への長年のわだかまりが解けました」という感想をくださいました。

 

産土開運法のすばらしいところは、家族の絆を結び直してくれることです。

神・仏・先祖の産土開運法をすると、だんだん家族一族の仲が良くなり、開運人生になっていきます。

自分は素晴らしい守護の神仏に守られた存在なのだと実感し、あたたかい交流ができるようになります。

 

神伺い特別神事をしていて、山田がよく言うのは、

「家族で講座を受けている人は、神伺いがスムーズだ」ということです。

ステップ2でも、家族一同、兄弟姉妹で申し込みをいただいているお家は神伺いがとてもスムーズで、あまり疲れないそうです。

長年、講座を受けているとカルマの昇華も進み、守護曼荼羅が強化され、こちらとの信頼関係も深くなるので、

受講者の守護の存在も「知らせたい」という感じで、スムーズに進むようです。

 

今回は、Sさんの感想を紹介させていただきます。

「父の産土の大神さまは八重事代主(やえことしろぬしの)大神さまとのことで、思いあたるのは"福の神さま"のことです。

子どもの頃、家の真ん中に、釣竿を持って座っているエビスさまの大きな置物が飾ってあり、明るい雰囲気が好きでした。

エビスさまのお腹を撫でたり、寄りかかって昼寝したりして遊んでいましたが、

いつの間にか置物が無くなり、しばらくして父が39才で病に倒れ、50才で亡くなりました。

 

置物は産土の大神さまのシンボルで、父も生前、産土の大神さまに心を向けていれば、

現世でもっと長く元気に活躍できたかもしれないと思いました。


実は、山田先生の講座に通うようになってから、父が一度心配して帰って来たことがあります。

"幽霊"ということになるのでしょうか。

私を見るなり、『どうしたんだ、お前、すごいぞ!』と驚いていました。

父が何に驚いているのか直感で解り、

『山田先生の三世のご開運講座に通っているの。安心した?』と答えると、

深く頷いて、『安心した。心配が解消したから、もう来ない』と言い、それ以降本当に来なくなりました。

 

面白かったのは、帰り際に父が廊下の電気のコンセントを指差して、『ここが危ない』と何度も言いました。

 

気になり、翌日業者さんに見てもらうと、

『漏電してますよ、どうして解ったんですか?』とびっくりしていました。

(まさか亡父が教えてくれたとは言えず…)
父は徳まで積んで"あちら"へ帰って行きました。

 

その時、上空に父を見下ろしてるご存在がいらっしゃり、

死後もちゃんと守護していただけていることがわかって、私もとても安心しました。

 

母の産土の大神さまは大国主大神さまとのことで、とても嬉しく思いました!
諏訪大社本宮の鳥居を入ると、摂社の大国主社のご祭神が

『またお会いしましたね』と迎えに出て来てくださることがたびたびあり、

本宮に行った時は大国主社も参拝するようにしていますが、

母の産土の大神さまのご縁だったのですね。
山田先生のおかげで、さらに親しみをもって諏訪大社に参拝できます。


今回ご神名を教えていただけましたので、両親の産土の大神さまの更なるご開運をお祈りし、

守護のお力添えをお願いしてまいります。
本当にありがとうございました!」

 

これが、「両親の産土の大神さまに自分の守護神になっていただく」という新しい開運法なのです!

 

両親の産土の大神さまのご神名が判明した方は、両親の産土神社に参拝し、お願いしましょう。

ただし、現地で直にお願いすることが条件になります。

Hさんより、稲穂が実りを迎える伊勢の秋
Hさんより、稲穂が実りを迎える伊勢の秋